iPhoneが水没!急いで修理屋さんに行こう!

iPhoneが水没してしまったら焦らずに早めに修理屋さんに持っていきましょう。 - iPhoneが水没!急いで修理屋さんに行こう!

iPhoneが水没!急いで修理屋さんに行こう!

あなたはiPhoneが水没してしまったことはありますか?
トイレやお風呂でiPhoneを使っている時に、ついうっかり手が滑って水の中に落ちてしまったなんて経験は誰でも一度はあるのではないでしょうか。
きっとこのような経験がない人でも、雨の中ポケットが濡れてしまってそのせいで水没になってしまい携帯電話が使えなくなってしまったということも誰にでも起こりうることなのです。
そんな時にあなたはどのように対処しますか?
きっとこれまでに水没してしまったことのない人は適切な処置ができないで、結果的に自分の思うがままに処理をした結果破損してしまい、データ復旧さえもままならない状態になってしまったという人も多いと思います。
そこで今回はそんなあなたがiPhoneを水没させてしまった時にどのように対処したらいいのかについて紹介していきましょう。

まずは急いで修理屋さんへ行く

きっとふとした瞬間にiPhoneを水没させてしまった時にきっとあなたは反射的にまだ使えるかも、ぎりぎりセーフかもなどと淡い期待をすることで、電源をつけようとして使えるか確認しようとしてしまうと思います。
しかし、そのような行動は悪循環でもしあなたの携帯が水没をしてしまっていたとしたら、電源をつけるというのは自殺行為です。
もしあなたに水没への対処の知識や技術がないのであれば、水没させてしまった場合には何もしないでひとまず急いで修理屋さんへ持っていくようにしましょう。

なぜiPhoneを水没させる人が多いのか?

ukyuktd
そもそもなぜiPhoneは水没させる人が多いのでしょうか。
それは実はiPhoneの端末に原因がありました。
iPhoneはストラップをつけるところがなく、手からも滑りやすい薄さになっているため、誰でも利用している中で一度は落としてしまったという人も多いはずです。

もしあなたがiPhoneの水没について対処できるのであれば

jytdyd
もしあなたが水没させてしまったとして、落ち着いて対処することができるでしょうか?
もしできないのであれば、すぐに修理屋さんへ持っていくことをお勧めしますが、修理屋さんでより元に戻すような修理をしてもらうためにも、まずは適切な応急処置を覚えて欲しいと思います。
まずはじめに水没させてしまってもなお、電源がついている場合にはすぐに電源を落とすようにしましょう。
よくギリギリセーフと勘違いしている人がいますが、少しでも水没の可能性があるのであれば、早急に電源を落とすことをお勧めします。
逆に電源が落ちている場合には絶対に電源を入れないようにしましょう。
濡れたまま電源を入れると故障や基板の腐食につながるので、まだ使えるかどうか気になってしまう気持ちはわかりますが、そこは適切な処置をできるようにしましょう。

修理屋さんへ持って行く前にはカバーを外しておく

もしあなたがiPhoneにカバーをつけているのであれば、それはすぐに外してできるだけ水気を拭くようにしましょう。
これをしないと水分が溜まったままiPhoneに水分がついてしまった状態が続くので、結果的に重大な故障につながりかねません。

SIMカードを抜いてティッシュにくるむ

水没させてしまった際には、ほぼ間違いなく端末内にも水分が入ってしまっています。
そのため、まずはあなた自身が触れるのはSIMカードの部分だけなので、取り出しツールを使ってSIMを取り出して、SIMが腐食してしまわないようにしっかりと水気を取りましょう。

以上があなたがiPhoneを水没させてしまった時にどのように対処したらいいのかについてでした。
応急処置は非常に大切ですが、適切な処置ができないのであれば逆交換ありかねないので、そのような時にはすぐに近くの修理屋さんへ持って行って相談をするようにしましょう。
あなたが自分自身でできるだけ応急処置をしておくことで、取り返しのつかない故障になることも防ぐことができるので、まずは自分でやるべきこととできることを理解しておきましょう。
iPhoneが水没しても大丈夫?